常連さんのイカ料理....(刺身と保存)



                    いつでも食べれる"新鮮いか刺"の保存(大漁の時のために) (写真をクリックして詳細を見て。)

        
 
 これ  ”材料”

 大物の"やりいか"
      旨いですよ
 
  1.シンクに新聞紙を広げる。

 クーラーのイカをここへ
2.新聞紙の上でゲソを抜く。

胴に指を入れて接続部を指でちぎり回転させると引き抜けます。 この時"透明の薄い骨"は抜かないほうが後が楽ですを参照、あとで取れるので、気にせず次へ
  3.シンクの中で げその目玉以下を切りおとし、 内臓、目玉などはシンクの新聞紙にまるめて処分します。蒲鉾板があると切りやすいですょ。

シンクはきれいになりましたが胴もゲソも墨だらけここからが問題です
4.蛇口の水で墨を流す。この時胴の中には、水を入れない、(これ大切)
搾り出せるだけはだす。 
ゲソはよく墨を取る。 
  4.ボールに水を張りクーラーの氷で冷水をつくる。
5.胴を手早く洗う。胴内がこの 時1回だけ 水洗いされる。墨や内臓が残っても気にしない。
6.げそはしっかり洗って墨をとる。
7.洗ったイカは、水切りをします。
8.この後、水洗いはしません。
9.皮剥ぎ
エンペラー部を指で切り、シツポの方を剥がしてからエンペラーを握つて頭の方へ引くと、剥がせます。
  10.胴を開く
 
  11.骨をとる。骨と一緒に内臓の残りも取れます。   12.包丁で頭の方へ残つた内臓、墨を軽くしごき出します。
  13.布巾かペーパータオルで内、外 しっかり、力をいれて拭きとる薄皮と一緒に墨も取れます。

(大漁多量のときは、タオルが効果的です)
14.これ ”できあがり”

 
一枚ずつ丁寧にラップで包みます。
包みに空気を残さないように注意ます。
 (頭の部分、尻尾の部分は適当に切ってげそと一緒にします。)
 
さあ冷凍です。
平らにするか,棒状に巻くか, お好きにどうぞ。
  これ  ”冷凍品”

自然解凍1時間(冷凍室から冷蔵室へ)"
解凍したら水分を拭き取る。
水洗いはしません。     
  げそは一度に料理する量に分けて薄手のナイロン袋にいれて冷凍する。
自然解凍の後、"あさり"のバーター焼風に お好みの味付けで。

火を通しすぎると硬くなりますょ
   これ  ”いか刺”

    云うことなし。

      旨いですよ
 
     ”手巻き寿司”
 
 梅肉を添えると、格別です。


      旨いですよ